2019年3月の注目公開作品! ヴァニはこの3本を観に行きます!

シネマ・ナビゲーターのヴァニ(vani_1103)です。

Twitterでフォローさせていただいている、ちこしあさん(@chicosia_com)が来月公開作品を紹介しているのを見て、ぼくもやってみたいなぁと思ったので、アップします。

考えるともう2月も中旬に入り、そろそろ3月は何を観ようかなと考える時期になりました。

あなたは何か観る予定のものはありますか?

ぼくは3月は以下の3本を観ようと思っています。

月に数十本もの作品が公開されていますので、あなたの作品選びの一助になればと思います。

3月1日公開『グリーンブック』

2018年にアメリカで公開された、ドラマ/コメディ作品。

上映時間は130分。

あらすじ

時は1962年。

ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。

ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。

彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。

二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

ヴァニから一言。

先日、『アクアマン』を観に行ったときに、映画館で予告編を観て一気に引き込まれてしまいました。

自分の中に新しい「ものさし」を加えられるんじゃないかなと感じた作品です。

3月8日公開『運び屋』

2018年にアメリカで公開された犯罪/ドラマ/ミステリー/スリラー映画。

上映時間は116分。

あらすじ

アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は金もなく、孤独な90歳の男。

商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけた時、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。

それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。

ヴァニから一言。

こちらはぼくのクリント・イーストウッドさん好きからのチョイス。

予告編を観ると、イーストウッドさんの骨感がすごくて、正直別の意味でハラハラしているのですが、こちらも外せないのかなぁと思っています。

3月15日公開『キャプテン・マーベル』

2019年にアメリカで公開された、SF/アドベンチャー/ファンタジー映画。

上映時間は128分。

あらすじ

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに空からひとりの女性が落ちてくる。

彼女は驚異的な力を持っていたが、身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩まされていた。

やがて、その記憶に隠された秘密を狙って正体不明の敵が姿を現し……。

後にアベンジャーズ結成の立役者となるニック・フューリーも登場し、アベンジャーズ誕生のきっかけとなるヒーローの始まりが明らかにされる。

ヴァニから一言。

みんな大好き『アベンジャーズ』シリーズの一作。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』が4月26日に公開されるので、そちらを映画館で鑑賞するのであれば、この作品もぜひ観ておきたいですよね。

あまり詳しくは分かっていないのですが、「マーベル」という名前がつけられているヒーローですから、とても期待できるのではないかなと思っています。

最後に

他にもたくさん話題になる作品が公開されると思います。

ですので、ぜひ自分の興味のある映画を観てみてもらって、よろしければご感想をいただければうれしいです。

以上、シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です