2019年4月に観た映画の一覧を紹介します。

シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)です!

 

2019年の4月が終わりました。

あなたはどんな映画ライフを楽しみましたか?

ぼくは、以下の22本の映画を楽しみました。

4月26日公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』に向けて、ブログ企画「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を1から楽しもう!」を開始していたので、ほとんどがMCU作品でした。

5月からは、新しいブログ企画と、続けているブログ企画「感動!100本ノック!!」を進めながら、また映画を楽しんでいきたいと思います。

 

22本目:

【満足度90】映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』は、全男性に観て欲しい素晴らしい作品でした。

21本目:

【満足度100】MCU第22弾・映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、すべてが終わりすべてが始まりました。

20本目:

【満足度10】映画『スマホを落としただけなのに』は、「日常に潜む恐怖」ではなく「あるとっても不幸な人の話」でした。

19本目:

【満足度50】MCU第20弾・映画『アントマン&ワスプ』は、虚脱感の中で観終わりました…。

18本目:

【満足度80】MCU第19弾・映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はある男が信念をどう貫くかを知る物語でした。

17本目:

【満足度90】MCU第18弾・映画『ブラックパンサー』はヒーロー映画の新しい扉を開いた素晴らしい作品でした。

16本目:

【満足度80】映画『キングダム(2019)』は、今後の漫画実写化の見本になる作品になったと思います。

15本目:

【満足度80】MCU第17弾・映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、ようやくソーがあか抜けて明るくなりました。

14本目:

【満足度70】MCU第16弾・映画『スパイダーマン:ホームカミング』でやっと若者青春ヒーローものを楽しめました。

13本目:

【満足度90】MCU第15弾・映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、おバカコメディかと思ったら感動巨編でした。

12本目:

【満足度50】MCU第14弾・映画『ドクター・ストレンジ』マーベル史上最高の魔術師降臨!

11本目:

【満足度80】MCU第13弾・映画『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』キャプテンがアベンジャーズ離脱!?

10本目:

 

9本目:

【満足度40】MCU第12弾・映画『アントマン』新ヒーローはコソ泥?父娘の強い絆を確認。

8本目:

【満足度60】MCU第11弾・映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』は善とは何かを考えさせる作品でした。

7本目:

【満足度60】MCU第10弾・映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は重要人物登場だけど、ドタバタコメディをゆる~く楽しもう。

6本目:

【満足度80】MCU第9弾・映画『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』は、重厚なシナリオで魅せる作品でした。

5本目:

【満足度40】MCU第8弾・映画『マイティ・ソー ダーク・ワールド』は神の活躍を描く難しさを感じました。

4本目:

【満足度60】MCU第7弾・映画『アイアンマン3』はヒーローの成長物語でした。

3本目:

【満足度80】MCU第6弾・映画『アベンジャーズ』は豪華絢爛お祭り騒ぎに楽しい作品でした。

2本目:

【満足度70】MCU第5弾・映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』は2回目の方が楽しむことができました。

1本目:

【満足度90】MCU第21弾・映画『キャプテン・マーベル』はえげつないほど強いヒーローの誕生を楽しめる最高の作品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です