2019年5月に観た映画の一覧を紹介します。

2019年5月に観た映画

シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)です!

 

2019年の5月が終わりました。

皆さんはどんな映画ライフを楽しみましたか?

ぼくは、以下の15本の映画を楽しみました。

前半は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロスでほとんど映画を観ることができなくなってしまいました。

なんとか気持ちを切り替えて楽しめた、というところです。

 

6月は、ゴジラたちが集結する作品群「モンスターバース」シリーズを楽しむことと、公開映画では『X-MEN:ダーク・フェニックス』や『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』を軸にどんどん映画館に観に行きたいと思っています。

ぜひご一緒に楽しい映画ライフを!

 

15本目:

【満足度60】X-MENシリーズ第11弾・映画『デッドプール2』は、仲間とともに戦う大切さを知るファミリー映画でした。

14本目:

【満足度90】X-MENシリーズ第10弾・映画『LOGAN/ローガン』で親子の愛を教えてもらいました。

13本目:

【満足度60】X-MEN第9弾・映画『X-MEN:アポカリプス』でブライアン・シンガー監督版X-MENの最終章を楽しめます。

12本目:

【満足度70】X-MENシリーズ第8弾・映画『デッドプール』は一緒に観る人を選ぶ良作でした。

11本目:

【満足度90】X-MEN第7弾・映画『X-MEN:フューチャー&パスト』は新旧キャストで奏でるシリーズ最高の傑作でした。 

10本目:

【満足度20】X-MENシリーズ第6弾・映画『ウルヴァリン:SAMURAI』は意欲作だが、日本であった意味を感じられませんでした。

9本目:

【満足度80】X-MENシリーズ第5弾・映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』は新シリーズ開幕にふさわしい素晴らしい作品でした。

8本目:

【満足度60】X-MENシリーズ第4弾・映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』はウルヴァリンとデッドプールファンはぜひ観てほしい作品でした。

7本目

【満足度80】映画『名探偵ピカチュウ』は、新しいポケモンの世界観を切り拓いた素晴らしい作品でした。

6本目:

【満足度30】X-MENシリーズ第3弾・映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』で最後はちゃぶ台をひっくり返された気分になりました。

5本目:

【満足度80】X-MENシリーズ第2弾・映画『X-MEN2』は前作から質量ともにスケールアップした良作でした。

4本目:

【満足度70】X-MENシリーズ第1弾・映画『X-MEN』ヒーロー映画の先駆け!今観ても楽しい良作です。

3本目:

2本目:

1本目:

【満足度60】映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』は、スタイリッシュに楽しむゾンビ映画の傑作でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です