2020年の目標を考えてみた。

2019年もあと2時間を切りました。

大晦日は『笑ってはいけない』を録画して、紅白を観るのがいつものパターンです。

今年は映画をたくさんみるために自分の部屋にテレビを買ったので、本当は観たい格闘技番組『RIZIN』を観ながらこのブログを書いています。

本来は、今年の反省をして、その反省を2020年の目標設定に反映させるのが一番良いと思います。

が、このブログは映画ブログとして2月からスタートしたので、あいにく今年の目標設定をしていませんでした。

ですので、来年は目標を立てて、実行、そして検証というPDCAを回せるようにいたいと思います。

2020年の目標

仕事について

この仕事の目標を考えるのがとても難しかったです。

正直、今でも揺らいでいるところもあります。

目標は、

3年後に農業で年収100万円を稼ぐ。

ための1年目として、

・有機農業を勉強しながら実際に自分でやってみて、50品種の野菜を育てる。

・食品を加工する技術を、料理教室などに参加して習得する。

・販売するための販路を開拓する。

上記3つを軸に進めていきたいと思います。

数値目標が立てれないところが、まだ揺らいでいる部分。

努力を続けていくなかで、明確になっていけばどんどん上書きしていきたいと思っています。

 

趣味について

ぼくは、いろいろ楽しんでいる趣味があります。moku

その中でも「映画を観ること」は一番大好きな趣味です。

このブログは、もともと映画ブログとして始めました。目標

2019年は今までの人生で、一番映画と向き合った1年になりました。

これまで年間に100本前後の作品を観るくらいだったのが、このブログを開設したことによって、300本以上の作品に触れることができました。

でも、まだ満足できないような気持ちがありました。

そこで、何か誰もやらないようなことをやりたいと思い、こんな目標を立てました。

年間1000本観る。

分かりやすい!

この目標設定が、無謀なものなのか、妥当だったのか、分かるのは1年後。

やるなら突き抜けて楽しもうと思います。