勉強していて「なんでこんなことしてるの?」と疑問を感じたあなたへ。『きっと、うまくいく』(2009年、インド)

こんにちは、シュンちゃん(@vani_1103)です。

今回は、映画『きっと、うまくいく』の感想です。

引用:@PKmovieJP

製作年:2009年

製作国:インド

ジャンル:青春/コメディ/ドラマ

上映時間:170分

視聴環境:レンタルDVDの吹替版

Amazonプライムビデオはこちら。

字幕版(外部サイト)

『きっと、うまくいく』の感想:満足度40%

教科書を丸暗記することに何の意味があるんだろう?

そんな疑問を感じたことがあるあなたにぴったりの映画だと思います。

「学ぶ」とはどういうことか。

そんなことをランチョー、ファラン、ラージューの”3バカ”トリオのハチャメチャな学園生活を見守りながら感じることができます。

ぼくの中に残ったのは、こんな場面と言葉。

例え窮地に陥ったとしても、「うまくいく、うまくいく」と唱えて、自分自身を騙してとにかくやってみる。

誰も将来のことなんか分からない。

雌鶏が、自分の産んだ卵がどうなるか分かるのか?

立派な鶏になるのか、目玉焼きになるのか。

ぼくは人生半分すぎたくらい。

まだ半分はどうなるか分からないから、「うまくいく」と唱えてとにかくやってみようと思います。

『きっと、うまくいく』の作品情報

あらすじ

映画大国インドで歴代興行成績ナンバーワンに輝く感動の社会派ハートウォーミング・ストーリー。エリート大学に合格した超天才の自由人ランチョーと2人の親友ファランとラージューが、強権的な学長と対立しながら繰り広げるハチャメチャ学園生活の行方と、ファランとラージューが音信不通となったランチョーの消息を辿る10年後の物語を、学歴偏重社会への風刺を織り込みながらユーモラスかつ感動的に綴る。主演はインドで絶大な人気を誇る演技派スター、アーミル・カーン。共演にR・マドハヴァン、シャルマン・ジョシ、カリーナ・カプール

超難関の名門工科大ICEに入学したファランとラージューは、そこで超天才の自由人ランチョーと出会う。彼らは、一緒にバカ騒ぎを繰り返しては鬼学長の怒りを買い、いつしか“3バカ”として札付きの問題学生となっていく。そんな中、ランチョーは天敵である学長の娘ピアと恋に落ちるが…。時は流れ、3人が卒業してから10年後。ファランとラージューは、行方知れずのランチョーの消息を知っているというかつての同級生と再会する。そして彼とともにランチョーを探す旅に出るのだが…。

allcinema(外部サイト)

予告編

キャスト

アーミル・カーン / ランチョー

カリーナ・カプール / ピア

R・マドハヴァン / ファラン

シャルマン・ジョシ / ラージュー

スタッフ

ラージクマール・ヒラニ / 監督・脚本