恋愛ってどうすればうまくいくんだろうと思っているあなたへ。『愛がなんだ』(2018年、日本)

こんにちは、シュンちゃん(@vani_1103)です。

今回は、映画『愛がなんだ』の感想です。

引用:CINRA.NET

製作年:2018年

製作国:日本

ジャンル:コメディ/ドラマ/ロマンス

上映時間:123分

視聴環境:レンタルDVD

Amazonプライムビデオはこちら(外部サイト)。

『愛がなんだ』の感想:満足度10%

ムカつく。

なんでそんな嘘ついてまで、マモルに合わせようとするの?

都合のいいときにだけ呼ばれて、食事をしてセックスをする。

テルコにとって、マモルは何なの?

どうしてマモルに「好き」って伝えないの?

気持ちは言葉にして伝えないと伝わらないんだよ。

食事をしたって、セックスをしたって、言葉で気持ちを伝えてなかったらマモルはいつまでたっても彼氏じゃないんだよ。

断られたら嫌だからなの?

仕事に身が入らずに、クビになってしまうくらいマモルのことが好きなのに、「好き」って伝えて壊れてしまうことが怖いから、何も言わずにマモルの都合のいいときに会って、食事してセックスするんだね。

 

マモルが思い描く将来に、テルコは入っていないよ。

仕事を辞めるの、「いいじゃん」って言ってくれたから?

ただの相槌じゃんそれ。

マモルはあなたの人生を背負うつもりなんてない。

それが当たり前だよ。

お互いどう思っているか、気持ちを伝えあうこともない2人は、どこまでいっても他人のままなんだから。

 

そりゃあ、誰だって怒るよ。

「お前、何様なんだよ」って思う。

テルコを都合のいい女として利用しているマモルもマモルだと思うけど。

テルコがどれだけマモルのことを好きだろうが、ちゃんと伝えてないのに、「彼女ヅラ」してマモルの人生に寄りかかろうとするのは間違っている。

ぐちゃぐちゃに入っている靴下を一つひとつ整理して収納されるのも迷惑。

2人用の土鍋を買ってくるのも迷惑。

今のマモルはテルコの彼氏じゃないよ?

 

ちゃんとマモルに「好き」って言ったら?

好きなんでしょ?

振り向いてくれなくても、好きなんでしょ?

フラれるのが怖いから言えないの?

「いつも空気読んで、気を使って、こうすれば俺が気に入るだろうって気を回して、一周まわって自意識過剰なところ、本当に苦手なんだよな」。

ここまで言われてでも、一緒にいることができたらいいの?

おかしいよ。

そんなのおかしい。

半年くらいまったく連絡くれなくて、久しぶりに会おうってことになったら、すみれさんを連れて来て紹介してくるマモルのどこがいいの?

すみれさんに相手にされなかったら、テルコに言い寄ってきてセックスしようとするマモルのどこがいいの?

マモルが好きなの?

それとも、マモルが好きだからと世話を焼く自分のことが好きなの?

 

ナカハラくんは決断したよ。

葉子を好きでいることをやめた。

「ずっと好きでいいじゃん!」

好きでいても、相手にきちんと伝えないと、伝わらないとダメだよ。

好きでいても、やっぱり好きになってくれなかったら、もう無理なんだよ。

 

テルコ、マモルに「好き」って言って。

「言わなくても気持ちは伝わる」なんて嘘だよ。

マモルが初めて正直に気持ちを伝えてくれたよね。

お互い「あのときは、本当はこう思ってた」って初めて話せたよね。

でも、テルコはマモルに最後の最後まで言わなかった。

なんで「好き」って言わないのよ。

マモルのそばにいたいから?

テルコが傷つきたくなかったから?

「好き」という気持ちをいつまでもそのままの気持ちで持っていたかったから?

分からない。

ぼくにはテルコのことがまったく分からない。

そんなの、愛じゃない。

 

そうか、それがテルコの恋愛なのか。

「愛がなんだ」。

『愛がなんだ』の作品情報

あらすじ

全部が好き。

でもなんでだろう、私は彼の恋人じゃない。

直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを『サッドティー』『パンとバスと2度目のハツコイ』の今泉力哉監督が映画化。どんなに邪険に扱われてもなお好きでいることをやめられないヒロインの滑稽ながらも切実で切ない一途な恋の行方と、そんな彼女を取り巻く人物たちのままならない恋愛模様を描いた群像ドラマ。主演は『おじいちゃん、死んじゃったって。』の岸井ゆきのと『チワワちゃん』の成田凌。共演に深川麻衣、若葉竜也、江口のりこ。

28歳のOLテルコは一目惚れした男マモルを愛しすぎるあまり、全てがマモル最優先の日常を送っていた。そのせいで仕事にも支障をきたし、会社もクビ寸前。それほど尽くしているのに、実はマモルにとってテルコは恋人ではなかった。そこのことを十分自覚しているテルコだったが、それでもマモルが大好きで、幸せだと思っていた。親友の葉子は、そんな都合のいい女で良しとするテルコの恋愛観に呆れるばかりだったが…。

allcinema(外部サイト)

予告編

キャスト

岸井ゆきの / テルコ

成田凌 / マモル

深川麻衣 / 葉子

若葉竜也 / ナカハラ

江口のりこ / すみれ

スタッフ

今泉力哉 / 監督・脚本

角田光代『愛がなんだ』(角川文庫刊) / 原作