『ぼくらの七日間戦争』(1988 日本)

今回は、映画『ぼくらの七日間戦争』の感想です。

ORICON NEWS

製作年:1988年

製作国:日本

ジャンル:ドラマ/青春/アクション

上映時間:94分

視聴環境:Amazon プライムビデオ

『ぼくらの七日間戦争』(外部サイト)

感想:満足度80%

作品情報

あらすじ

厳しい規律が敷かれた青葉中学で、11人の少年少女が自由を求めて立ち上がった。食料を持ち寄り廃工場に立てこもった彼らを、教師たちはあくまで校則のもとに解散させようとする。生徒たちは様々な手段で教師らを撃退していくが……。

宗田理原作のライトな青春ドラマ。宮沢りえの映画デビュー作。佐野史郎、倉田保昭らが、アブナイ教師役で出演している。同時上映『花のあすか組!』。

allcinema(外部サイト)

予告編

出演

宮沢りえ / 中山ひとみ

五十嵐美穂 / 橋口純子

安孫子里香 / 堀場久美子

工藤正貴 / 相原徹

菊地健一郎 / 菊池英治

鍋島利匡 / 安永宏

田中基 / 柿沼直樹

大沢健 / 中尾和人

金浜正武 / 日比野野朗

石川英明 / 天野健二

中野愼 / 宇野秀明

スタッフ

菅原比呂志 / 監督

宗田理 / 原作