高橋暁子「ソーシャルメディア中毒」で勉強できたこと。

なぜSNSからトラブルが生まれるのか

その1 文章・画像のみのコミュニケーションは難易度が高い

「メラビアンの法則」をご存じだろうか。矛盾したメッセージが発せられた時の、人の受け止め方の実験についての解釈だ。感情や態度について矛盾したメッセージが発せられた時、人の行動が他人にどう影響を及ぼすかについて調べたところ、話の内容などの言語情報が7%、口調や話す速さなどの聴覚情報が38%、見た目や表情などの視覚情報が55%となった。

つまり、「バカだな」と言われた場合、「バカ」という言語情報よりも、相手の表情や口調などから、本当にバカにしているのか、それとも相手が好意を持ってその言葉を口にしたのかを図るということだ。

TwitterのDMでさんざんケンカをしてきたので、とてもよく分かります。
文章ではほとんど気持ちを伝えられないというもどかしさを、ようやく文章化してくれている本に出合えました。