ブログ企画「DCエクステンデッド・ユニバースを1から楽しもう!」を始めます。

DCエクステンデッド・ユニバース

シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)です!

 

本日から、ブログ企画「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)を1から楽しもう!」を始めていきたいと思います。

 

まず「DCエクステンデッド・ユニバース(以下DCEU)」とは何かを説明します。

DCEUとは、アメリカン・コミックス(アメコミ)の2大コミックスの1つ、DC(ディーシー)コミックスに登場するキャラクターを主人公としたスーパーヒーロー映画の一群が共有する架空の世界、およびその作品群であるといえます。

2013年の実写映画『マン・オブ・スティール』から始まり、2016年から2020年まで毎年2作公開の製作予定が発表されています。

 

このDCコミックスでは、『スーパーマン』や『バットマン』を始め、たくさんのヒーローやヴィラン(悪役)が創造されて活躍してきました。

そのヒーローたちの住む世界は、それぞれ別ではなく、すべて1つの世界ということなのです。

今までの映画では、ヒーローたちは別々の世界で活躍している作品ばかりだったのですが、この世界観が登場することによって、主役級のヒーローたちが力を合わせて悪と対峙するという作品を観ることができるようになりました。

このような作品群を世に送り出したのは、DCコミックスのライバルであるマーベルコミックが創造した「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」です。

これを機に、このDCEUの他にもたくさんの作品群が現れるのではないかと思います。

 

このブログ企画では、このDCEUを楽しみながら、皆さんにご紹介していこうと思います。

作品一覧はこちら。

2019年5月1日現在、「DCEU」作品は以下の通り

 

1.『マン・オブ・スティール』(2013年)

【満足度70】DCEUシリーズ第1弾・映画『マン・オブ・スティール』で、スーパーマンが好きになりました。

 

2.『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)

【満足度80】映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)ついにDC映画でもヒーロー同士の対決が実現しました。

 

3.『スーサイド・スクワッド』(2016年)

4.『ワンダーウーマン』(2017年)

5.『ジャスティス・リーグ』(2017年)

6.『アクアマン』(2018年)

【満足度85】映画『アクアマン』はDC映画史上最高のエンターテイメント作品に仕上がっていました!

 

7.『シャザム!』(2019年)

 

2017年の『ジャスティス・リーグ』で、バットマンやワンダーウーマンが終結することになったDCEU。

今は、MCUのようなフェイズ(シーズン)にも分けられておらず、作品がパズルのピースのような流れのあるような形でもなく、独立した形の作品が多い状態なのですが、今後は作品同士が繋がっていくのではないかと予想されるので、今からしっかり鑑賞しておきたいなと思っています。

映画館で『アクアマン』を楽しむことができたので、『シャザム!』も映画館で鑑賞し、残りはDVDをレンタルして視聴していこうと思っています。

みなさんもご一緒に楽しんでみませんか?

最後に

以上、シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

いかがだったでしょうか?

もしこの作品に興味を持たれましたら、実際にご自身で映画を楽しんでみていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です