【満足度10】映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(2019年、日本、アニメ)ドラクエを愛するすべての人へ→阿鼻叫喚の地獄絵図

シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)です。

 

本日は、2019年8月2日から公開の『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』をご紹介します。

 

こちらは2019年に日本で製作された、アドベンチャー作品です。

上映時間は103分。

 

満足度は10%…。

物語終盤までは、あのドラクエの世界がフル3DCGで観られて良かったと思っていました。

ですが、最後にすべてをひっくり返されたような気持ちになってしました。

 

以下に、注目ポイントと感想を書きますので、お読みください。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の予告編と簡単なあらすじ

君を、生きろ。

 

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。

その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。

旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。

しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――

それから10年。

故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。

父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。

立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。

果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?

 

公式サイト(外部サイト)

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のキャスト・スタッフ

●声の出演

佐藤健/リュカ

有村架純/ビアンカ

波瑠/フローラ

坂口健太郎/ヘンリー

山田孝之/パパス

ケンドーコバヤシ/サンチョ

安田顕/プサン

古田新太/ブオーン

松尾スズキ/ルドマン

山寺宏一/スラりん

井浦新/ミルドラース

賀来千香子/マーサ

吉田鋼太郎/ゲマ

 

●スタッフ

山崎貴/総監督・脚本

堀井雄二/監修・原作

すぎやまこういち/音楽

シリーズの生みの親であるゲームデザイナーの堀井雄二さんは、本作では原作・監修を担当しています。

そして、音楽はすぎやまこういちさん。

キャラクターデザインが鳥山明さんではないのが残念です。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を観る前に

本作は、1992年発売のゲーム「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」のストーリーを原案に、親子三代にわたる壮大な冒険と愛の選択の物語を描いた作品です。

ドラゴンクエストとは?

「ドラゴンクエスト」シリーズは、プレイヤー自身が主人公となり、世界を脅かす魔王を倒すために壮大な冒険物語を紐解いていくという、日本を代表するロールプレイングゲーム(RPG)です。

初代「ドラゴンクエスト」は、ファミリーコンピュータ、通称ファミコンで1986年に発売されました。

ぼくは11歳。

当時、初代はそこまで注目されておらず、友だちの家で、正面を向いたまま歩く勇者を少しだけ動かしたくらいでプレイをやめてしまいました。

引用:NAVERまとめ(外部サイト)

それから、瞬く間に日本中が注目しはじめ、あの頃ゲームをしているすべての人がドラゴンクエストに夢中になっていたかのような大ブームになりました。

そして、ぼくもみんなと同じようにプレイし、1、2、3と思う存分楽しんできました。

4からは高校生になったので少し離れてしまったのですが、6から復活。

以後のシリーズも楽しんできました。

 

「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」について

本作『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」が基になっています。

ぼくは、ゲームを序盤だけプレイした記憶があります。

どこまでプレイしたのか思い出してみると、ゲームをプレイしたことがある方はもちろん知っている、「ビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択」まででした。

幼馴染のビアンカか、旅の途中で出会った大富豪のフローラ。

どちらかを選んで旅を続けていくという選択をしないといけないのでした。

その頃のぼくは、効率重視でゲームを楽しむのが好きだったので、どちらを選べばその先の旅が楽になるのかということしか考えてなく、攻略が有利になるフローラを選んで結婚しました。

しかし、何とも言えない罪悪感を持ってしまって、その後ゲームを続けることができなくなってしまってそのままプレイせずにここまできました。

2019年現在、また再びゲームをプレイするこはないでしょう。

けれど、あのぼくが先に進めることができなかった物語の結末を知りたい。

そんなふうに思いました。

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』では、主人公リュカが、どんな選択をするのか。

そして、どんなラストが待っているのか。

公開とともに大画面で楽しんでみたいと思います。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』の感想と注目ポイント

冒頭から観客を引き込む演出が!

本作を観る方は、どれくらいドラクエのことを知っているのでしょうか。

原案となったゲーム「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」は1992年にスーパーファミコンで発売。

以降、他の機種でリメイク版などが発売されています。

2004年にPS2で。

2008年にDSで。

2014年にiPhone 4で。

ドラクエをまったく知らない方が映画館に観に行くということはあまりなさそうなので、これらのどれかをプレイしたことがあるんだろうと思います。

40代のぼくは、1992年版を途中までプレイしました。

そんなぼくでも、冒頭の「観客を作品に引き込む見事な演出」に驚いたので、ファンの方にはもっと衝撃を受けたのではないでしょうか。

 

あなたのベビーパンサーの名前は?

ゲーム「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」で始まった画期的なシステムとして1番にあげられるのが、「モンスターを仲間にする」ことです。

この仲間システムで1番印象に残っているのは、もちろんベビーパンサー!

引用:NAVERまとめ(外部サイト)

 

さて、この初めて仲間になるベビーパンサーにどんな名前をつけましたか?

名前をつける際に、ビアンカから名前の候補を提案されます。

引用:ヨッ!センス(外部サイト)

ぼくは、自分がつけたベビーパンサーの名前までは憶えていません。

でも、ビアンカが「ボロンゴはどう?」と聞いているのは憶えているような…。

本作でも、この名前つけイベントは再現されています。

リュカたちはなんという名前にするのでしょうか?

ぜひ作品をご覧になって確認してください。

 

あの頃のゲームの世界と現代感覚がミックス

本作を観ながら懐かしいあの頃のゲームの世界を思い出していました。

あの頃のドラクエは、とっても純粋でまっすぐな心を持つ主人公が仲間たちと友情を深め合いながら成長していく物語でした。

最近は、そんなピュアなストーリーから少し外したお話の方が主流でしょう。

本作は、古き良き時代を思い出させてくれるあたたかい作品でした。

そこに、今の現代的な感覚をミックスさせていたような気がします。

例えば、しゃべり方やリアクション。

ぼくは、ほとんど違和感なくリュカたちを受け入れることができました。

ぼくよりも若い方々にとって、この変化は良かったように思いました。

 

「あ!これは、あのときの!」と思わず口にしてしまうかもしれない音楽

本作の音楽は、ゲームと同じくすぎやまこういちさんが担当しています。

物語の様々な場面で、あの頃に何度となく聞いた名曲の数々を耳にすることができるでしょう。

ちょっぴりあの頃の曲にこだわりすぎてしまっているような気もしましたが、久しぶりに聞いたドラクエの曲はやっぱりテンションが上がりますね。

 

ぼくのドラクエ=モンスターを大虐殺する勇者の物語

ここで、ぼくのドラクエの思い出をひとつ。

皆さんのそれぞれにプレイスタイルがあると思うのですが、ぼくは「とにかくレベル的に安全な地帯で思う存分モンスターを狩り、十分にレベルを上げ、その時点での最強装備をそろえ、そして次のイベントに向かってそこのボスを血祭にあげる」という石橋を叩いて渡るスタイルでした。

ぼくのゲームの世界では、大魔王よりも勇者の方が恐怖の存在だよね、と常々思っておりました。

今は、単純にレベルを上げたら余裕でクリアできるというゲームはなくなっているかもしれません。

 

フローラとビアンカ問題…リュカの選択とは

本作で最大の注目ポイントは、前述の通り、「フローラとビアンカのどちらを選ぶのか?」という究極の選択です。

ぼくは、何も考えずにビアンカより使える魔法が多いフローラを選択しました。

けれど、何か罪悪感のようなものが芽生え、プレイを中断してもう二度とその世界に戻ることはありませんでした。

「ぼくがフローラを選んだとき、ビアンカはどんなふうに思ったんだろう?」

「そして、ぼくは本当にフローラを選んで良かったんだろう?」

本作を観ていて、ずっと自問自答していました。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を観る皆さんも、それぞれ自分の選択をし、物語を進めていったのだろうと思います。

ぼくは、それができませんでした。

なので、ぼくはリュカに自分の想いを託すことにしました。

あなたなら、どんな決断をしますか?

 

ラストシーンに大疑問

愕然としました。

物語のラストで、ぼくの『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は終わってしまいました。

ぼくは、このような展開はしてほしくなかったです。

なぜ、物語に引き込まれ、夢中になってリュカたちの冒険を楽しんでいるぼくたちの気持ちをこんなふうに揺さぶるのだろう。

人がどんなことに夢中になろうが、他人がそれに安易に口出しするのが良いとは思いません。

ぼくの学生時代は、ドラゴンクエストはじめ、多くのゲームに夢中になって多くの時間をつぎ込んできました。

その時間をもっと有益なことに使えば、ぼくも何者かになっていたでしょう。

母にもたくさん怒られました。

ファミコンを隠されたことは何度もありました。

けれど、ぼくは今、あの頃ゲームの世界に浸りまくったことはまったく後悔していません。

そんなぼくの気持ちをないがしろにされたような気がして、どうしても許せなくなってしまいました。

皆さんは、どんなふうに感じましたか?

 

2019年には、ドラクエとともにRPGを盛り上げたゲームを題材にした作品が公開されています。

『劇場版 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん』(2019年)です。

【満足度80】映画『劇場版 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん』を観て、ぼくたちも晴れやかな気持ちになりましょう。

もしまだ観ていない方は、ぜひオススメしたいと思います。

最後に

以上、シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

いかがだったでしょうか?

もしこの作品に興味を持たれましたら、実際にご自身で映画を楽しんでみていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です