『イップ・マン 葉問』(2010 香港)の映画感想文。

日本では本作が『イップ・マン 序章』よりも早く公開されたそうです。

それには訳がありました。

なんと、伝説のサモ・ハン・キンポーさんが出演するのです。

ぼくが子どもの頃、ジャッキー・チェンさんやユン・ピョウさんとともに日本でもとても有名になった彼が登場し、イップ・マンと対決するというだけでも胸熱です。

『イップ・マン 序章』での敵役が日本軍兵士だからということ以外にも、こんな理由があったんだなと思いました。

とても面白く最後まで観ることができたのですが、どこかで観たことがあるなと考えてみると、まさに香港版『ロッキー』でした。

すっきり分かりやすく、面白いストーリーを突き詰めていくと、どうしても似てしまうだなと感じました。

それでも、やっぱり満足度は100%で、とても面白かったです。

作品情報

Yahoo!映画

ジャンル:アクション/格闘技/伝記

上映時間:109分

視聴環境:レンタルDVDの吹替版

Amazonプライムビデオはこちら。

字幕版(外部サイト)