『イップ・マン 継承』(2016 中国/香港)の映画感想文。

前作の熱が冷めやらぬ中、本作を観ました。

今回はなんと、マイク・タイソンさんの登場しました。

と、書いたものの、もうそろそろふれておかないといけないことがあります。

「カンフーやってる人って、ケンカしすぎじゃね?」

カンフー習って、ケンカしまくって、「武術家」と言われるというのに疑問を持ち始めてきました。

高校生の頃、学校のクラブ活動で空手を習っていたのですが、そういった武術、格闘技を学ぶ中で、それを使ってケンカするなど御法度ということを教えてもらったりしました。

そういうのはあんまり考えないのかな?

 

本作では、弟子となる若き日のブルース・リーが登場します。

しかし、かなりデフォルメされているように感じました。

本当にこんな人だったのか、愛されキャラとしてイジられているのか、認められていないのか。

興味深いところです。

作品情報

Yahoo!映画

ジャンル:アクション

上映時間:105分

視聴環境:レンタルDVDで字幕版

Amazonプライムビデオ字幕版吹替版(外部サイト)