『コワイ女』(2006 日本)の映画感想文。

本作は、短編3本のオムニバスになっています。

1.「カタカタ」

怖い話に怖い話にしてやろうとストーリーをこねくり回すと、現実と乖離しすぎてトンデモ話になったり、コメディになってりしてしまうんだなと思いました。

2.「鋼」

この作品も、なかなか前衛的なホラーでした。

3.「うけつぐもの」

「お母さんは、精神病なの?」というセリフが心をえぐってきて良かったです。

作品情報

Yahoo!映画

ジャンル:ホラー

上映時間:107分

視聴環境:レンタルDVD