『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008 スウェーデン PG12)

北欧とか東欧の映画って、それだけでファンタジーっぽいところがあると感じます。

本作もスウェーデンの映画で、主人子の男の子の金髪?や透き通るような白い肌を観ていると、ぼくと同じ人間であるにも関わらず、「エルフかな?」と思ってしまうぼくがいました。

 

本作の感想は、書けません。

表現できそうにないのです。

なので、ぜひ観てください。

作品情報

Yahoo!映画

ジャンル:ホラー/ロマンス/サスペンス

上映時間:115分

視聴環境:レンタルDVDで吹替版