【満足度70】MIBシリーズ第2弾・映画『メン・イン・ブラック2』(2002年)は肩の力を抜いて楽しむ良作でした。

シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)です!

 

本日は、ブログ企画「『メン・イン・ブラック(MIB)』シリーズを1から楽しもう!」の第2弾『メン・イン・ブラック2』をご紹介します。

ブログ企画「『メン・イン・ブラック(MIB)』シリーズを1から楽しもう!」を始めます。

こちらは2002年にアメリカで公開された、SF/コメディ/アクション映画です。

上映時間は88分。

Amazonプライムビデオで吹替版を視聴しました。

字幕版吹替版(ともに外部サイト)

 

満足度は70%!

面白かったです。

『メン・イン・ブラック』から5年後を描く今作は、特殊効果が格段に進歩していました。

それによって、エイリアンとのアクションシーンがより楽しくなりました。

また、既存のエイリアン加えて、新しい個性あふれるエイリアンがたくさん登場して、お祭り感が増しました。

肩の力を抜いて楽しむ娯楽映画として、オススメしたい作品です。

 

以下に、注目ポイントと感想を書きますので、お読みください。

『メン・イン・ブラック2』の予告編と簡単なあらすじ

5年前、相棒のKとともに地球の危機を救ったJは、いまやMIBのエリート捜査官。

日常業務を淡々とこなす平穏な毎日を送っていた。

しかし、そんな彼の前に新たな敵が出現した。

地球上では下着のモデルとして活躍している超セクシー宇宙人のサーリーナに、なんとMIB本部が占拠されてしまう。

一人助かったJが頼れるのは、現在は引退している元相棒のKだけ。

ところが、郵便局員となったKは完全に平和ボケ状態。

しかもエージェント時代の記憶をきれいに消されていた。

果たして、Kは記憶を取り戻し、敏腕エージェントとしてJとともに地球を救うことができるのか?

 

allcinema(外部サイト)

『メン・イン・ブラック2』のキャスト・スタッフ

・キャスト

トミー・リー・ジョーンズ/K

ウィル・スミス/J

引用:dTV(外部サイト)

『メン・イン・ブラック』から引き続いてメインキャストとなる、トミー・リー・ジョーンズさん(左)と、ウィル・スミスさん(右)の2人。

前作から5年経ち、ジョーンズさんは老けました。

ウィル・スミスさんは、キャリアを重ねて売れっ子になりつつある時期の作品です。

 

リップ・トーン/Z

引用:RENOTE(外部サイト)

『メン・イン・ブラック』から引き続き出演。

MIBニューヨーク本部のトップです。

 

ロザリオ・ドーソン/ローラ

パトリック・ウォーバートン

ララ・フリン・ボイル/サーリーナ

デヴィッド・クロス

ジョニー・ノックス/スクラッド、チャーリー

トニー・シャルーブ/ジーブス

引用:RENOTE(外部サイト)

『メン・イン・ブラック』より引き続いて出演。

覚えていますか?

Kに頭を吹っ飛ばされた雑貨屋のエイリアンです。

 

マーサ・スチュワート

マイケル・ジャクソン

ピーター・グレイヴス

 

・声の出演

ティム・ブラニー/フランク

引用:勝手に映画批評(外部サイト)

『メン・イン・ブラック』より引き続き出演のフランクです。

声のティム・ブラニーさんは前作とは違う方のようです。

確かフランクは情報屋だった気がしますが、なぜJと一緒に車に乗っているのでしょうか……?

 

・スタッフ

バリー・ソネンフェルド/監督

『メン・イン・ブラック2』を観る前に

MIBシリーズ第1弾のレビューはこちら。

【満足度60】MIBシリーズ第1弾・映画『メン・イン・ブラック』は20年以上前の作品でも楽しめました。

 

異星人の監視を行う秘密組織MIBのエージェント「K&J」の活躍を描いた大ヒットSFアクション・コメディの第2弾。

前作でMIBを引退してしまったKですが、今作でなんと復活!?

予告を観ると、今度はJが先輩としてKにいろいろと指導するようです。

新兵器や新しいエイリアンがたくさん登場するとともに、前作にも出演していたキャラクターもちらほら。

中でも、人の言葉をしゃべるバグ犬・フランクが大活躍しそうな予感。

よりスケールアップしたアクションとコメディを楽しめるのではないかと思います。

 

『メン・イン・ブラック2』の注目ポイントと感想

前作のあの人は今……?

『メン・イン・ブラック』で監察医だったリンダは、物語の最後でMIBに加わることになりました。

今作が始まったときに、まず彼女はどうなったのか気にって探していたのですが、まったく見当たりません。

5年の間に何があったのでしょうか。

 

それは、エージェントJが物語の中で語ってくれます。

そりゃ、いろいろあるでしょうね。

1日37時間勤務というとんでもないブラックな組織、まさに「メン・イン・ブラック」なところに適応できる人間は本当に少ないんだと思います。

しかも、Jは5年の間で今やエリートエージェントになっていました。

いや、スーパーエリートエージェントという感じでしょうか。

その反面、パートナーとなるエージェントにも厳しくなってしまったところもあるのでしょう。

それについていくのは大変だったんだろうなぁと思いました。

 

また、この5年の間にMIBに関わるエイリアンたちもいろいろと従事していることが変化しています。

キャストの項目でご紹介しましたが、バグ犬型エイリアン・フランクも前作とは違うお仕事をしています。

そして、あるきっかけで大活躍をする重要キャラクターとなりました。

ぜひそういったところも楽しんでいただたいと思います。

 

ウィル・スミスさんは元〇〇でした

きちんとは知らなかったけれども何となくそうなのかなぁと思って、今作を視聴後に調べてみると、やっぱりそうでした。

知っていましたか?

ウィル・スミスさん、元?ラッパーでした。

ラッパー名は「ザ・フレッシュ・プリンス(The Fresh Prince)」。

実は『メン・イン・ブラック』の主題歌は彼が歌っているそうです。

タイトルは「Men in Black」。

そのまんまですね。

作品の中で、そのラッパー感をいかんなく発揮している場面がありますので、お楽しみください。

 

世界的に有名な宇宙人が今作も出演している?

『メン・イン・ブラック』では、有名俳優であるシルベスター・スタローンが実は宇宙人だった、という設定がありました。

勘違いしていたのですが、地球人に化けているということではなく、そのままの姿で地球人の中に紛れ込んでいる、と考えるのが良さそうです。

今作では、超有名な男性歌手が登場しています。

残念ながら亡くなってしまいましたが、ぼくが中学生くらいの頃から世界的なスターでした。

こんな形で彼の姿を観ることができるとは驚きでした。

 

2002年ってTVゲーム機は何が主流だったんだろう?

『メン・イン・ブラック2』の一場面で、この時代で主流だったゲーム機のコントローラーが登場します。

コントローラーを見て、すぐに「あ、プレステだ」と思ったのですが、プレステの初代なのか2なのか分からなかったので、調べてみました。

2002年のゲーム機の主流はプレステ2。

タイトルとしては、「バーチャファイター4」などがあったそうです。

おじさんになってしまったぼくは、最近ゲームから離れていますが、このころはまだゲームをしていたなぁとしんみりしてしまいました。

 

最後に

以上、シネマ・ナビゲーターのヴァニ(@vani_1103)でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

いかがだったでしょうか?

もしこの作品に興味を持たれましたら、実際にご自身で映画を楽しんでみていただきたいと思います。

 

第3弾の『メン・イン・ブラック3』のレビューはこちら。

【満足度80】MIBシリーズ第3弾・映画『メン・イン・ブラック3』はKとJファンのためのボーナス・トラック作品でした。