『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)

今回は、映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の感想です。

Yahoo!映画

製作年:2005年

製作国:アメリカ

ジャンル:SF/ファンタジー/アドベンチャー

上映時間:141分

視聴環境:レンタルDVDの吹替版

字幕版吹替版(外部サイト)

感想:満足度70%

作品情報

あらすじ

SF映画の金字塔として映画史に燦然と輝く“スター・ウォーズ”サーガを締めくくるシリーズ最終作。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に転落し、ついにはダース・ベイダーとして生まれ変わる過程と共和国の終焉への運命が描かれると共に、これまで持ち越されてきた多くの謎がすべて解き明かされていく。

クローン大戦の勃発から3年、戦争自体は終結に向かっていたものの、依然としてジェダイの騎士団と分離主義者たちとの戦闘は各地で繰り広げられていた。そんな中、パルパティーン最高議長がドゥークー伯爵によって誘拐される事件が発生。しかしオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの活躍によってパルパティーンは無事救出される。心の弱さを克服できないアナキンは、パルパティーンの真の狙いに気づかないまま、次第にオビ=ワンよりもパルパティーンに心を許すようになっていく。一方、そんなアナキンに不安を抱くパドメのお腹には彼の子の命が宿っていた。

allcinema(外部サイト)

予告編

出演

ユアン・マクレガー / オビ=ワン・ケノービ

ナタリー・ポートマン / パドメ・アミダラ

ヘイデン・クリステンセン / アナキン・スカイウォーカー

イアン・マクディアミッド / パルパティーン最高議長

サミュエル・L・ジャクソン / メイス・ウィンドゥ

ジミー・スミッツ / ベイル・オーガナ元老院議員

クリストファー・リー / ドゥークー伯爵

アンソニー・ダニエルズ / C3-PO

ケニー・ベイカー / R2-D2

テムエラ・モリソン / コマンダー・コーディ

アーメッド・ベスト / ジャー・ジャー・ビンクス

ピーター・メイヒュー / チューバッカ

ブルース・スペンス / ティオン・メイドン

サイラス・カーソン / キ=アディ=ムンディ/ヌート・ガンレイ

デヴィッド・バワーズ / マス・アミダ

マット・ローワン / オーン・フリー・ター

グレーム・ブランデル / ルウイー・ナベリー

トリシャ・ノーブル / ジョバル・ナベリー

クローディア・カーヴァン / ソーラ・ナベリー

キー・チャン / マレイ=ディー

ジョエル・エドガートン / オーウェン・ラーズ

ケイシャ・キャッスル=ヒューズ / クイーン・アパイラナ

オリヴァー・フォード・デイヴィス / クイーン・アパイラナ

オリヴァー・フォード・デイヴィス / シオ・ビブル

レナ・オーウェン / ニー・アレイヴァー

ジェイ・ラガイア / キャプテン・タイフォ

声の出演

ジェームズ・アール・ジョーンズ / ダース・ベイダー

フランク・オズ / ヨーダ

スタッフ

ジョージ・ルーカス / 監督・製作総指揮・脚本