『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

こんにちは、シュンちゃん(@vani_1103)です。

今回は、映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の感想です。

Yahoo!映画

製作年:2002年

製作国:アメリカ

ジャンル:SF/ファンタジー/アドベンチャー

上映時間:142分

視聴環境:レンタルDVDの吹替版

字幕版吹替版(外部サイト)

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の感想:満足度10%

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の作品情報

あらすじ

大ヒットSFアドベンチャー“スター・ウォーズ”シリーズの通算5作目。前作「エピソード1」から10年後の世界を舞台に、青年となったアナキン・スカイウォーカーのジェダイの騎士としての成長とクローン戦争での活躍、さらにはアミダラとの禁断の恋の行方を描く。今回アナキン役に大抜擢されたのは新鋭ヘイデン・クリステンセン。

青年へと成長したアナキン・スカイウォーカーはオビ=ワン・ケノービの指導の下、フォースの力を習得し優秀なジェダイの騎士となるべく修行に励んでいた。その頃、銀河元老院では、ドゥークー伯爵の画策により、数百もの惑星が一斉に共和国からの脱退を宣言する。これにより、ジェダイだけでは銀河を統治できないと判断した元老院では、クローン軍隊の是非を問う重要な投票が行われようとしていた。この会議に出席するため惑星コルサントに向かっていたナブーの元女王アミダラは、途中で何者かに命を狙われる。オビ=ワンとアナキンはこの事件の調査のためナブーへと派遣されるのだったが……。

allcinema(外部サイト)

予告編

出演

ユアン・マクレガー / オビ=ワン・ケノービ

ナタリー・ポートマン / パドメ・アミダラ

ヘイデン・クリステンセン / アナキン・スカイウォーカー

イアン・マクディアミッド / パルパティーン最高議長

ペルニラ・アウグスト / シミ・スカイウォーカー

アンソニー・ダニエルズ / C3-PO

サミュエル・L・ジャクソン / メイス・ウインドゥ

クリストファー・リー / ドゥークー伯爵

ジミー・スミッツ / ベイル・オーガナ

ケニー・ベイカー / R2-D2

テムエラ・モリソン / ジャンゴ・フェット

ダニエル・ローガン / ボバ・フェット

ジャック・トンプソン / クリーグ・ラーズ

オリヴァー・フォード・デイヴィス / シオ・ビブル

ローズ・バーン / ドルメ

アンドリュー・セコーム / ワトー

声の出演

アーメッド・ベスト / ジャー・ジャー・ビンクス

フランク・オズ / ヨーダ

スタッフ

ジョージ・ルーカス / 監督・製作総指揮・脚本