Ep.9を準備万端で観たいあなたへ。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)

こんにちは、シュンちゃん(@vani_1103)です。

今回は、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の感想です。

Yahoo!映画

製作年:2017年

製作国:アメリカ

ジャンル:SF/アドベンチャー

上映時間:152分

視聴環境:レンタルDVDの吹替版

字幕版吹替版(外部サイト)

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の感想:満足度60%

レジスタンスは、かなりの苦境に立たされています。

反攻するとしても、いわゆる「神風特攻隊」のような、自分の命と引き換えに相手の戦力を削ぐ戦い方しか残っていません。

この劣勢をはねのけるためには、やっぱり、ジェダイの騎士、マスター・スカイウォーカーの力が必要でした。

 

という新3部作の真ん中の物語なのですが、やっぱりいろいろと語ることがあって長いという印象でした。

新しく登場したペンギン型の可愛い生き物や、ミレニアム・ファルコン号の無双っぷりなど面白いシーンはたくさんあります。

新3部作で、女性たちが活躍していますが、レイアの役割があまりにも大きく、「いつまでもレイアに頼っていていいの?」と心配になるほどでした。

世代は必ず交代します。

才能豊かな若者たちが確実に育っていました。

 

フィンが潜入したときに出会った、ロックを開けるのが得意な人って、どうなったのでしょうか?

エピソード9に出て来るのか、それとも…。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の作品情報

あらすじ

SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』サーガの新3部作の幕開けとして2015年に公開され、世界中で空前の大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く続編。ついにフォースを覚醒させ、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会ったレイを待ち受ける驚愕の運命と、ファースト・オーダーとレジスタンスの戦いの行方を描く。主演は引き続きデイジー・リドリー。共演陣にはアダム・ドライヴァー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、マーク・ハミルら前作の主要キャストのほか、ローラ・ダーン、ベニチオ・デル・トロ、ケリー・マリー・トランらが新たに参加。なお2016年12月に他界したキャリー・フィッシャーは本作がシリーズ最後の出演作となる。監督は新たに「LOOPER/ルーパー」のライアン・ジョンソン。

レイア将軍率いるレジスタンスはファースト・オーダーの猛攻に晒され、基地を手放し決死の脱出を図る。その頃、レイは伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを連れ戻そうと説得を試みていた。あるトラウマから心を閉ざし、ジェダイの訓練を請うレイに対しても頑なな態度を崩そうとしないルークだったが…。

allcinema(外部サイト)

予告編

出演

マーク・ハミル / ルーク・スカイウォーカー

キャリー・フィッシャー / レイア・オーガナ

アダム・ドライヴァー / カイロ・レン

デイジー・リドリー / レイ

ジョン・ボイエガ / フィン

オスカー・アイザック / ポー・ダメロン

アンディ・サーキス / 最高指導者スノーク

ルピタ・ニョンゴ / マズ・カナタ

ドーナル・グリーソン / ハックス将軍

アンソニー・ダニエルズ / C3-PO

グウェンドリン・クリスティー / キャプテン・ファズマ

ケリー・マリー・トラン / ローズ

ローラ・ダーン アミリン・ホルドー中将

ヨーナス・スオタモ / チューバッカ

ジミー・ヴィー / R2-D2

ビリー・ラード / コニックス

ティム・ローズ / アクバー提督

ヴェロニカ・ンゴー / ペイジ

声の出演

フランク・オズ / ヨーダ

スタッフ

ライアン・ジョンソン / 監督

ジョージ・ルーカス / キャラクター創造