『7 WISH/セブン・ウィッシュ』(2017)

今回は、映画『7 WISH/セブン・ウィッシュ』の感想です。

Amazon.co.jp

製作年:2017年

製作国:アメリカ

ジャンル:ホラー/サスペンス

上映時間:90分

視聴環境:Amazon プライムビデオの吹替版

字幕版吹替版(外部サイト)

感想:満足度60%

作品情報

あらすじ

7つの願いをかなえる呪いのオルゴールがもたらす悲劇を描いた青春ホラー。「アナベル 死霊館の人形」のジョン・R・レオネッティがメガホンをとり、「死霊館」のジョーイ・キングが主演を務めた。母親の自殺がトラウマになっているクレアは、同じクラスの人気者ダーシーにいじめられる日々を送っていた。そんなある日、クレアの父親が「7つの願い」と書かれた古いオルゴールを見つけてくる。ダーシーがSNSにクレアやクレアの父親の悪口を投稿していることを知った彼女は、怒りのあまり「ダーシーなんか腐ってしまえ!」とオルゴールに願う。すると翌朝、クレアの望みどおり、ダーシーの顔が腐りはじめてしまう。しかし、同時にクレアの愛犬が死体となって発見され……。共演に「メイズ・ランナー」のキー・ホン・リー、「父親たちの星条旗」のライアン・フィリップ。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品。

映画.com(外部サイト)

予告編

出演

スタッフ

ジョン・R・レオネッティ  /  監督